医薬品、サプリメント、食事

電話受付10:00~18:30

03-3225-1515

メディカルサロン風本真吾の訓え

医薬品、サプリメント、食事

人は日常生活においては、口から摂取したものを唯一の栄養源として生きています。口から摂取したものに栄養上の偏りがあったときに、特殊な病気が発症することが知られています。一番有名なのは、「脚気」でしょう。

脚気はビタミンB1の欠乏が原因で生じます。抹消神経障害(膝蓋腱反射などが低下する)をきたすだけでなく、重くなると心不全症状を呈し死にいたります。大正時代には、年間2万5千人以上が脚気で死んでいました。
精米技術が進歩した江戸時代、都心部では白米を食べるようになり、脚気が多発しました。脚気が「江戸患い」といわれていた時代です。この頃は、他の食物からビタミンB1を摂ることも少なかったのでしょう。ソバにはビタミンB1が含まれています。経験的にそばを食べると脚気が快方に向かうことがわかり、江戸ではソバが良く食べられるようになりました。現代に至るまで、東京でソバの摂取が多くなったのはこのためです。

この脚気、実は現代でも見られます。原因の一つは、アルコール摂取が増えたことです。体内でアルコールが処理される過程においては、大量のビタミンB1が消費されます。通常量のビタミンB1摂取量では到底足りません。また、ジャンクフード、インスタント食品の広まりも一因でしょう。偏食がビタミンB1不足をもたらすことはいうまでもありません。

ビタミンB1が欠乏すると、脚気以外にも、ウェルニッケ脳症という一種の認知症症状を呈することがあります。脚気やウェルニッケ脳症ほどにならなくても、ビタミンB1が軽く欠乏するだけで、物が二重に見えたり、めまいがしたり、無気力、うつ状態になったりします。肩こり、背中の張りなどの筋肉の不調を訴えることもしばしばです。
そういえば、「ニンニク注射」というのが流行したことがあります。その注射の成分は、ビタミンB1です。このことからも、ビタミンB1不足に関して、深い思いを抱くことでしょう。

ところで、現代は栄養不足ではなく、栄養過剰の時代です。栄養過剰により、さまざまな病気が発症しています。心筋梗塞、大腸ガン、乳がん、前立腺がん、糖尿病、痛風発作など、増えてきている病気は基本的に欧米型の食生活による栄養摂取過剰が原因です。
これらの病気を防ぐために、ダイエットが推奨されています。特に炭水化物の摂取を控えようとするダイエットが受け入れられているようです。しかし、ダイエットに努めなければいけないという前提の食生活下で、ビタミンB1に限らず、日常の食生活で十分な必須栄養素が摂取できているかどうかが心配です。

そんな事情から、サプリメントの必要性が高まりました。このように話している私ですが、ときどき、どうしても気力がわいてこないことがあります。「どうしてかな」と思いつつ、何気なく総合ビタミン剤のノイロビタン(医療用)を摂取すると気力が回復します。
お酒が好きな私は、栄養をしっかりと摂っているつもりでも、いつの間にか、軽いビタミンB1不足に陥っているのです。ノイロビタンを摂り続けていると、背中のハリも感じなくなってきます。「食べ過ぎるくらい食べているのに」と思いながらも、食べる量だけでなく、食べるものの中に含まれている成分に関する栄養管理の大切さを痛感させられます。

さて、私は平成7年に著した『一億人の新健康管理バイブル』(講談社)に、「医師からもらう薬を指名する」というタイトルの一節を設け、

医薬品は嫌うものでも、頼るものでもありません。効果、効能をよく知って、自分の生活を健康的で豊かにするために、自分の知性下で巧みに利用するものです

という内容を述べました。その概念に基づいて、プライベートドクターシステムにおいては、医薬品の使い方に関して、「お酒を飲みすぎて気持ちが悪いときはこの薬を使う」「風邪をひきかけたときはこの薬を使う」などを教授し、常備薬として、関連医薬品を備えておいていただきました。それが、会員の健康管理に大いに役立っているのはいうまでもありません。
医薬品は、まさに自分の生活を健康的で豊かにするために巧みに利用するものなのです。

サプリメントも同様です。自分の生活を健康的で豊かにするために巧みに利用するべきものなのです。
医薬品は、何かの病的状態を治療することを目的として利用します。それに対して、サプリメントは、体調を整える、欧米型食生活の体質を改善する、免疫力を整える、食事の偏りを補正するなどの目的で利用します。脳疲労がたまった結果の体質を改善する目的や、精力回復の目的でも利用されます。現代的には、ストレスによる脳内疲労からもたらされる素肌の失調状態を回復させる目的や子供の背を伸ばす目的にも利用されています。一部には病的状態からの回復を目的としているものもあります(グルコサミンなど)。

本能的にサプリメントの利用を嫌う人もいるようですが、知性的とはいえません。自分の身体状況をよく知り、医薬品やサプリメントは自己の知性下で巧みに利用するものであるということを知っておいてほしいものです。

前のページへ戻る

お問い合わせ

お電話にてお問い合わせください。

〒160-0004 東京都新宿区四谷4-7白川ビル2F

クリニック案内

四谷メディカルクリニック
〒160-0004
東京都新宿区四谷4-7白川ビル2F
03-3225-1515
院長:風本真吾

略歴

平成元年 慶應義塾大学医学部卒業
2年間研修医を経て同医学部内科大学院へ
平成4年 四谷メディカルサロン(現四谷メディカルクリニック)開設
現在に至る