成長ホルモンによるアンチエイジング医療

加齢に伴う衰えは成長ホルモンで解決

メディカルサロンでは、健康管理を「寿命管理、体調管理、容姿管理」の三態に分類して指導しています。体調管理、容姿管理の指導は、加齢に伴う衰えを回復させることを目的としています。その上で、最も役立つのが、成長ホルモンです。
その成長ホルモンをいろいろな投与手法で、診療に利用しています。

年を重ねても、健康な身体と明晰な頭脳を持ち、ショッピングや旅行、おしゃれを楽しみながら人生を謳歌する・・・それを目指して誕生したのが、アンチエイジング(若返り)の医療です。

男性なら、颯爽として覇気にあふれる姿を、女性ならイキイキとしたきれいな姿を保ちながら、気力・体力ともに充実した毎日を送っていただきたいものです。

加齢に伴う代表的な衰え

体力・スタミナ・筋力・瞬発力低下、ウキウキとした気持ちの低下(=意欲、ポジティブ気分の低下)、内臓脂肪の増大、肌のハリ・弾力の衰え、不妊症、バストの下垂、睡眠不良、老眼・視力の低下、易疲労感・疲れやすくなる、うつ状態・・・

これらは成長ホルモンを上手に利用すれば解決できます。

成長ホルモンを6か月間投与すると・・・(100人中何人に成果が出たか)

アンチエイジング」を堂々と科学技術系予算に掲げたアメリカから、成長ホルモンについての医学論文がポツリポツリと発表されてきています。注射によって6ヶ月投与したところ、以下の効果があったと発表されています。

成長ホルモンのオンライン処方判定(無料)はこちら

お申込み・お問い合わせ

予約制となっております。お電話にてお問い合わせください。